TaJuLog

「ジブン」のためのブログ生活、はじめました。

『マズローの欲求5段階説』って?わかりやすく解説!

f:id:bloglife365:20200121225233j:plain

医療の現場や自己啓発本などでもよく出てくるのが、この「マズローの欲求5段階説」。

人は様々な欲望を持っています。

そしてその欲望があるからこそ、その欲に沿った行動をしようとします。

「マズローの欲求5段階説」とは、アメリカの心理学者アブラハム・マズローが「人間は自己実現に向かって成長する生き物である」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものです。

簡単に言うと、その欲望をあるグループで括り、ピラミッド状に階層分けしたものになります。

 

マズロー氏が提唱した人間の基本的欲求を上から順に並べると、

・自己実現の欲求

・承認(認証)の欲求

・社会的欲求

・安全欲求

・生理的欲求

となり、下層に近づくほど原始的な欲求になります。

 

では、下層部分から説明していきます。

 

生理的欲求

 人間が生きていく上で、生理現象を満たすための最低限の欲求です。

食欲、睡眠欲、排泄欲、性欲がこの階層に該当します。

現代社会における人たちは、満たされている状態の人がほとんどかと思います。

ですが、この生理的欲求は人間の最も原始的な欲求だからこそ、深く重要な欲求です。

人間には様々な欲求がありますが、仮にこの生理的欲求のどれかが満たされていない状態であれば、どの欲求よりも強力なものになります。

 

安全欲求 

生きていくための条件が揃うと、雨風をしのぎ快適な生活・睡眠がとれる場所を求めたり、健康が維持できる方法を求めたりします。

身の安全、健康、経済の安定がこの階層です。

この部分も日本においては多くの人たちが満たされている部分になるかと思います。

例えば、病気にかかったとして、苦しい思いをしていたと仮定します。

そこに「その病気によく効く特効薬があるんです」と紹介されると、その薬を強く欲することでしょう。

このように快適に生きたい、というのが「安全欲求」です。

 

社会的欲求

生理現象は満たされて、快適に生活ができている。

すると次は一人は寂しいとか、誰か話相手が欲しい、友達・恋人が欲しいという欲求が現れてきます。

社会から必要とされたい、仲間が欲しい、人から愛されたいという部分がこの階層です。

このあたりから満たされていない人も増えてくるのではないでしょうか。

人は永遠に一人では生きていけない動物です。

孤独を感じれば「誰かと繋がりが欲しい」と思うのは自然な欲求なのです。

鬱状態になる人は、この部分が満たされていないのではないでしょうか。

 

承認(認証)欲求

生理的欲求、安全欲求、社会的欲求が満たされると、今度は社会や身の回りの人間から認められたいという欲求が現れてきます。

褒められたい、尊敬されたい、出世したいという部分がこの階層です。

職場であれば、「あの人は何でもテキパキこなせるデキる人だ」と認めてもらいたい。

家庭であれば、がんばってブロックでつくったお城の完成品を親にみせて、「すごいじゃん!」と褒めてもらいたい。

などです。

今の社会では、人に認めてもらいたいという欲求を持つ人が多いように感じます。

この承認欲求が強いと、周りの目がとても気になるようになり、身の丈に合わないこと(例:高級車を乗り回す、高級ブランド品で身をかためる)までする人も出てきます。

 

自己実現欲求

承認(認証)欲求まで満たされると、自分の可能性(自分がどこまでできるのか?)をみつめはじめます。

もっと成長したい、能力を活かしたい、自分の限界に挑戦したい、経営している会社の規模を拡大し全国に出店フランチャイズ化したい、など。

向上心が強く、チャレンジ精神あふれる人たちが抱きやすい欲求と言えるのではないでしょうか。

この域までくると、俗に言う「一流の人たち」の欲求になるのかなと思います。

 

まとめ

このように人は常に「欲」を求めています。

では、相手はどの「欲」を満たしたいと思っているのか?

自分は相手のどの段階を満たしたいのか?

相手の欲している部分、大事にしている部分にフォーカスしてアプローチをかけることができるようになれば、あなたのコミュニケーションももっと円滑になるのではないでしょうか?